外反母趾 治療

外反母趾治療には運動療法も効果的?

外反母趾,治療

外反母趾の治療法は、症状や進行具合、年齢などに応じて、選ぶ事が大切です。まだあまり進行していない外反母趾や、若い人であれば、市販の外反母趾用の矯正器具でも、効果が期待できるでしょう。

 

外反母趾の治療に用いられる薬は、外用薬が基本です。炎症を抑え、痛みを和らげるために塗り薬や湿布が用いられます。塗り薬にはクリームタイプと軟膏があり、効果を持続させるためには、一日何度は塗り直す必要があります。仕事などでそれが無理な場合は、昼間は貼り薬を使い、夜は塗り薬にするなど、使い分けると良いでしょう。また、外反母趾の当たる部分に貼って痛みを和らげるパッチなどのフットケア用品も様々あります。

 

外反母趾には運動療法も効果的です。運動療法で大切なのは、親指の付け根の関節の拘縮を予防し、母趾外転筋の筋力を強化することです。ホーマン体操と言う外反母趾の体操や、タオルを足でたぐりよせる運動、足指の屈折運動や開閉運動、俗にグーチョキ運動と呼ばれる体操など、外反母趾治療に効果的な運動を毎日根気よく行うようにします。

 

正しい方法は、担当医に指導してもらい、毎日続けることが大切です。外反母趾の体操の具体的な方法を紹介した整形外科のサイトなどもありますので、そうしたものを参考にするのも良いでしょう。

新宿,入れ歯

新宿には入れ歯専門の歯科技工士が在籍している歯科クリニックがあり、オーダーメイドの入れ歯作成が可能です。保険適用の範囲内で作った入れ歯が、フィットしないと感じる人も多く、精密に作られたフルオーダーメイドの入れ歯が話題になっています。

 

ただし入れ歯専門の歯科クリニックで行うオーダーメイドの入れ歯は、自由診療となります。しかしその分、歯の型を取る素材や義歯に使われる材料まで全て自由に選べるため、満足度の高い入れ歯が完成します。

 

例えば、一般的な入れ歯には銀色の針金がありますが、見た目が悪いと感じるなら、針金のない入れ歯を作ることもできます。また入れ歯の内側の歯茎に触れる部位に、柔らかい弾性シリコーンを使うことも可能です。この素材は違和感がほとんどないため、通常の歯のように食感を楽しむことができるようになります。その他、厚みを薄くして、軽くすることもできます。さらに予算が決まっている場合には、歯科医に相談の上、その範囲内で最良の入れ歯を作成してもらえます。

 

また入れ歯専門の歯科では、入れ歯とインプラント治療を複合した治療も行えます。尚、インプラント治療は歯科技工士ではなく、専門の歯科医が手術を行うため安心です。現在使っている入れ歯に不満がある場合は、どのような点を改善したいかを丁寧にカウンセリングしてくれます。その結果、違和感の少ない入れ歯が完成します。歯科クリニックによっては、コストを抑えることもでき、様々な相談に乗ってもらえます。

 

参照 新宿で入れ歯専門院をお探しなら?

続きを読む≫ 2017/06/28 16:09:28

外反母趾,パンプス1

外反母趾になる主な原因のひとつとして、足に合わない靴を履き続ける、ということがあるのは良く知られていると思います。特に先の細い靴やかかとの高い靴では、親指に無理がかかってしまうために、外反母趾になりやすくなってしまいます。

 

体質的に見ても、女性の方が男性の数倍も外反母趾になりやすいのに、さらにパンプスなどの足を圧迫する靴で、よけいに悪影響を与えてしまい、外反母趾の症状に悩まされる女性は多いのです。

 

外反母趾ではパンプスを履くことはできるだけ避けるように言われます。きゅうくつなパンプスでは、足の病気を引き起こしやすくなってしまいますし、外反母趾を更に悪化させる一方です。でも、仕事の関係で、どうしてもパンプスを履かなければならなかったり、おしゃれのために、痛いのを我慢しても、パンプスが履きたいときはあると思います。

 

そんな人は、多少デザインの幅は狭まりますが、外反母趾用のパンプスを利用してみるのが良いのではないでしょうか。クッション性にすぐれ、足への衝撃が少なく、足のアーチをしっかりと支えてくれるものや、テーピング効果のあるもの、足に無理のかからない外反母趾でも痛くないパンプスが各メーカーから開発・販売されています。外反母趾のパンプスは通信販売でも購入することができますので、ぜひ痛くないパンプスを手に入れて、歩くことの苦痛を減らしてほしいと思います。

続きを読む≫ 2016/08/02 21:29:02

外反母趾,グッズ1

外反母趾のグッズはいろいろありますが、主に外反母趾の進行を予防するためのもの、すでになってしまった外反母趾を矯正するもの、外反母趾の痛みを緩和するものに分けられると思います。

 

外反母趾の予防グッズとしては、インソールやサポーター、足の指を広げてストレッチするパッドなど足の疲れや関節のこわばりをほぐし、足を保護するものがあります。

 

外反母趾を矯正するグッズには、矯正具の足底板や、アーチサポートの中敷き、矯正バンドやテーピング、外反母趾用の矯正サンダルや夜間装具などがあり、軽度の外反母趾には十分な効果を発揮することも多いようです。

 

外反母趾の痛みを緩和するグッズには、親指や足裏の保護パッド、足指の衝撃ストッパーなどがあり、歩くのも辛い痛みを和らげてくれます。最近では、ジェル状の柔らかいパッドが摩擦や圧力を緩和してくれて人気があるようです。

 

軽度の外反母趾の矯正や予防であれば、こうした市販のグッズでも、十分に効果をあげることができるということです。外反母趾と診断された人はもちろん、もしかしたら外反母趾かな?という人、足に疲れや痛みを感じ始めたら、こうしたグッズを利用して外反母趾の症状の緩和を図ってみてはいかがでしょう。ノンエー 口コミ

続きを読む≫ 2016/08/02 21:28:02

外反母趾,症状2

外反母趾の人の多くは、偏平足や開帳足になっている事が多く、そのことがまた、外反母趾の症状を生じる原因にもなっています。

 

縦横のアーチの崩れや足指の筋力不足などが、外反母趾の原因の一つと言われていますが、これを放置すると、しだいにさまざまな全身症状が現れてきます。外反母趾の症状のために、正しい歩行が出来なくなってしまい、姿勢も悪くなるため、身体の全体的なバランスが崩れ、全身にストレスがかかってきます。そのため、足の指や関節の痛みの他にもむくみや頭痛、腰痛、肩こり、足の長さが変わってしまう、疲労骨折など、二次的症状に襲われます。

 

また、外反母趾そのものの症状として、人さし指の付け根や小指の付け根などに、タコやマメができてしまい、その部分に痛みを感じるようになることもあります。曲がった親指の付け根が靴の摩擦のためにバニオンと呼ばれる皮下滑液包炎を生じ、腫れや発赤が起きて傷むこともあります。親指がねじれながら、くの字に曲がり、爪の側面に体重がかかるために、巻き爪になってしまうこともあります。

 

このように、外反母趾の症状といっても、全身に色々な影響があるのです。ですから、少しでも外反母趾の心配を感じたら、すぐに病院で診断してもらい、外反母趾の治療を始めるようにして下さい。ルナメアACの口コミ

続きを読む≫ 2016/08/01 21:33:01

外反母趾,靴2

足の変形の中で、最も多いのが外反母趾です。外反母趾と靴の関係は良く言われますが、足に合わない靴を履き続けるうちに、変形が進んでしまう場合が多いようです。小さすぎる靴や爪先の細い靴などが、指先を圧迫するために親指を付け根から曲げ、それが続くことで外反母趾の症状が進行する、というのは良く知られています。

 

しかし、大きすぎる靴も良くない、ということは知らない人も多いかも知れません。むしろ大きな靴の方が、足へのダメージが大きくなってしまうということです。靴が大きすぎると、内部で足が動いてしまい、安定して体を支えるのが難しくなります。そのため、外反母趾など足の変形が進みます。

 

外反母趾を予防する靴、なりかけの人の靴は、親指と小指の付け根の部分の周囲が、ぴったりと合っているか、少しきつめくらいでちょうど良いのだそうです。ただし、指の付け根から先の部分が細くて、足のおや指の内側や先端が、靴に当たって、指を広げたり曲げたりできなければ、やはり外反母趾を起こしやすくなってしまいます。指のつけねの部分がしっかりしていて、靴の先で指が自由に動くだけのゆとりがある靴が、外反母趾の予防のためには良い靴と言えます。

 

外反母趾用の靴を選ぶ時は慎重に、時間をかけて、足がむくむと言う人は、むくんだ時間帯に選ぶようにして下さい。

続きを読む≫ 2016/08/01 21:30:01

外反母趾,整形外科2

外反母趾の整形外科を受診すると、まずはレントゲン検査を行い、骨の状況を見て、診断するのが一般的です。その後、触診などを行って、痛みのチェックや、進行度合いの確認などを行います。

 

整形外科での外反母趾の治療は、大きく分けて保存療法と手術療法になります。保存療法には、理学療法も含まれ、電気治療やマッサージ、温熱療法による、外反母趾の痛みを和らげる治療が行われます。

 

また、外反母趾用のインソールや足底板を使ったり、タオルやバンドを使ったリハビリや、筋肉のトレーニングも行われます。靴の指導も行われ、矯正用の器具を作ったり、外用薬やサポートグッズなどを使い、矯正と痛みの緩和の両面から、治療を進めて行きます。

 

保存療法でも回復が見込めなかったり、外反母趾が痛くて歩くのも辛い、などの重度の場合のみ、最終手段として手術が行われる場合もあります。しかし、外反母趾の手術は実際には難しく、100%回復する見込みは低いのも現実です。また、手術で一時的に治ったとしても、その後、同じような生活を送っていると、再発することの多い病気でもあります。

 

ですから、手術は本当にギリギリの選択と考え、根気よく保存療法で回復を図っていくのが現実的だと思われます。医師の指導を守り、足の負担を減らして、進行の予防に努めるようにしましょう。

続きを読む≫ 2016/07/31 21:34:31

外反母趾,手術1

外反母趾の手術には、いくつかの方法があり、症状や患者の希望によって、どのような手術を行うかが決められます。代表的なのが、マン法とシェブロン法です。

 

外反母趾が25〜30度程度と比較的軽いけれど、今後も進行することが懸念される、若い人に行われるのがシェブロン法。中足骨の末梢部の一か所を切って、外側にずらします。これに対してマン法は、変形が強く、35〜40度位に進行し、どんな療法を行っても痛みが取れず、歩けなくなってしまった、という重度の外反母趾に適用される手術です。中足骨の根元で骨を切って曲げる方法です。

 

外反母趾の手術は骨を切る手術となるため、骨が完全につくまでは2〜3カ月を要します。その後も、外反母趾の予防や正しい靴選びを心がけ、足に無理をかけないようにしなければ、外反母趾が再発してしまいますので、十分な注意が必要です。

 

外反母趾の手術は、日本ではそれほど頻繁に行われているものではありませんので、できるだけ保存療法を選択し、手術は最後の手段と考える方が良いかもしれません。骨を削り、見た目はきれいに矯正されても、足のバランスが悪くなり、かえって歩きにくくなってしまった、というケースもしばしば見かけられるようです。手術のリスクも良く考え合わせたうえで、医師と良く相談の上、外反母趾の治療法を決めることが大切です。

続きを読む≫ 2016/07/31 21:32:31

外反母趾,痛み2

外反母趾が進行してくるにつれて、人差し指にまで痛みを覚える人も増えてくるようです。これは、外反母趾の痛みをかばうために、無意識に指を上げて歩くようになり、そのために人さし指の付け根の骨が直に床に接触し続けることになるため、しだいに骨が変形してくるためだそうです。

 

一日中、立ちっぱなしの仕事をしていたり、営業などで、一日中歩き回る人にこのような外反母趾の症状が多く見られということです。最初は外反母趾の痛みに気をとられ、それほどは感じないようですが、次第に痛みが増してきて、腫れたり熱を持ったりしてきます。そして、最終的には触っただけでも激痛が走るようになります。あまりひどくなると、知らないうちに疲労骨折していることもあるそうです。

 

外反母趾の痛みと同じように、この人さし指の痛みにも適度なマッサージを行い、外反母趾用のテーピングやインソール、クッションなどでケアを行うようにします。足にかかる負担を軽減できるよう、できるだけ靴を履く時間を減らし、オフィスでは外反母趾用のサンダルを利用するなど、足をいたわってあげましょう。帰宅したあとはなるべく素足で、外反母趾用のグッズなどを上手に使って、足を休ませてあげることが大切です。

 

足は全身の健康を支える重要な場所です。くれぐれも無理をしないように、外反母趾の進行を防ぐ努力をしましょう。

続きを読む≫ 2016/07/30 21:35:30