外反母趾 治療

外反母趾治療には運動療法も効果的?

外反母趾,治療

外反母趾の治療法は、症状や進行具合、年齢などに応じて、選ぶ事が大切です。まだあまり進行していない外反母趾や、若い人であれば、市販の外反母趾用の矯正器具でも、効果が期待できるでしょう。

 

外反母趾の治療に用いられる薬は、外用薬が基本です。炎症を抑え、痛みを和らげるために塗り薬や湿布が用いられます。塗り薬にはクリームタイプと軟膏があり、効果を持続させるためには、一日何度は塗り直す必要があります。仕事などでそれが無理な場合は、昼間は貼り薬を使い、夜は塗り薬にするなど、使い分けると良いでしょう。また、外反母趾の当たる部分に貼って痛みを和らげるパッチなどのフットケア用品も様々あります。

 

外反母趾には運動療法も効果的です。運動療法で大切なのは、親指の付け根の関節の拘縮を予防し、母趾外転筋の筋力を強化することです。ホーマン体操と言う外反母趾の体操や、タオルを足でたぐりよせる運動、足指の屈折運動や開閉運動、俗にグーチョキ運動と呼ばれる体操など、外反母趾治療に効果的な運動を毎日根気よく行うようにします。

 

正しい方法は、担当医に指導してもらい、毎日続けることが大切です。外反母趾の体操の具体的な方法を紹介した整形外科のサイトなどもありますので、そうしたものを参考にするのも良いでしょう。