外反母趾 靴2

外反母趾予防のための良い靴?

外反母趾,靴2

足の変形の中で、最も多いのが外反母趾です。外反母趾と靴の関係は良く言われますが、足に合わない靴を履き続けるうちに、変形が進んでしまう場合が多いようです。小さすぎる靴や爪先の細い靴などが、指先を圧迫するために親指を付け根から曲げ、それが続くことで外反母趾の症状が進行する、というのは良く知られています。

 

しかし、大きすぎる靴も良くない、ということは知らない人も多いかも知れません。むしろ大きな靴の方が、足へのダメージが大きくなってしまうということです。靴が大きすぎると、内部で足が動いてしまい、安定して体を支えるのが難しくなります。そのため、外反母趾など足の変形が進みます。

 

外反母趾を予防する靴、なりかけの人の靴は、親指と小指の付け根の部分の周囲が、ぴったりと合っているか、少しきつめくらいでちょうど良いのだそうです。ただし、指の付け根から先の部分が細くて、足のおや指の内側や先端が、靴に当たって、指を広げたり曲げたりできなければ、やはり外反母趾を起こしやすくなってしまいます。指のつけねの部分がしっかりしていて、靴の先で指が自由に動くだけのゆとりがある靴が、外反母趾の予防のためには良い靴と言えます。

 

外反母趾用の靴を選ぶ時は慎重に、時間をかけて、足がむくむと言う人は、むくんだ時間帯に選ぶようにして下さい。